金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

江戸花房

キャリコ花房 (江戸花房 #2) 

IMG_9735
キャリコ花房 (江戸花房)

青い背と銀鱗きらめく体側、白い顔に花房と、とても華やかな魚です。モザイク透明鱗の花房は、キャリコ花房、または江戸花房と呼ばれていますが、ほとんどは中国産で、この個体もそう。愛好家の方が国内でブリードされた数少ない国産ものは金魚イベントで配布されることがあり、我が家でも今夏の素人金魚名人戦で頂いてきた江戸花房が数尾泳いでいます。

IMG_9738
キャリコ花房 (江戸花房)

この個体は、先日、横浜の丸文さんに5~6尾入荷したものの中から、背中の青(浅葱色)に惹かれて選んできたもの。これだけ青く、ヒレの墨(黒)がのったキャリコ花房は初めて見ました。体型もほぼ申し分ありません。親魚なので、来年、あるいは再来年あたり、我が家の江戸花房とかけ合わせて・・・などと、遠い夢を見る今日この頃です。

2013年10月15日撮影

江戸花房 #1

IMG_6660
江戸花房 (オス)

昨年夏、とある金魚イベントで貰ってきた江戸花房。背びれのないモザイク透明鱗の体に花房、という贅沢な?組み合わせ。花房を揺らしつつ、水槽の中をおっとりと泳ぐ姿は、ほのぼのとしていいものです。特に斜め下から見上げるこのアングルがGood。

現在我が家にはオスメス各1尾がいますが、メスは発情したオスに追いかけられて負傷したため、現在療養中。完治は近いのですが、オスの方は相変わらず追星バリバリなので、しばらく一緒にはできそうにありません・・・。

2013年4月22日撮影
livedoor プロフィール
最新コメント