金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

金魚イベント

第49回 素人金魚名人戦

P7162438
今年もこの季節がやってきました。第49回 素人金魚名人戦です。会場は昨年に続き東京都目黒区のトキワ松学園。*素人金魚名人戦の公式ページはこちら

IMG_74783
開会は11時ですが、会場はその1時間ほど前から出陳者やスタッフの方々で、すでにソワソワとした空気に包まれていました。

P7162409
そして11時の開会式が終わると、もうこの賑わい。すごい熱気です。

P7162423

P7162427
そして名人戦名物となっている、配布魚のコーナー。

開会前から整理券を配布しているので、大きな混乱こそありませんが、終始黒山のひとだかり。
それもそのはず、著名なブリーダーをふくめ、愛好家が育てた素晴らしい金魚が、無料で配布されるのですから。

さて、素人金魚名人戦では、出品された金魚は1尾づつ洗面器に入れられ、出品者自らが書いたタグがつけられます。そして会場を訪れた一般参加者にはオハジキが3つづつ渡され、お気に入りの金魚がいたら、洗面器の横にあるペットボトルに好きな数だけオハジキを投票するというしくみ。

最後にその数が集計され、もっとも得票の多い金魚が優勝です。訪れる方はほとんどが一般の方なので、愛好家やマニアの集う品評会とはまたちがう、和気あいあいとした雰囲気が持ち味。

それでは出品魚のご紹介。

skms001

skms002

skms003

skms004

skms005
ため息ものの東錦。さすが!

skms006

skms007

skms008
今回、僕がもっとも気になった金魚。繊細でとてもきれい。

skms009

skms010
いいナンキンです。

skms013
我が家からの刺客その1.

skms014
我が家からの刺客その2.

skms015
刺客その3. うちの妻(はちわれ)が飼っているシンプル?な赤出目金ですが、顔つきがよく、とても懐いています。

写真モデルとして稀有な素質をもっているので、7月22日発売の「ときめく金魚図鑑」にも表紙をはじめ、たくさん登場してもらいました。

P7162445
さらっと本人PR

skms016
我が家からの刺客 その4. こちらも「ときめく金魚図鑑」掲載メンバー。

skms017

skms018


skms019
これも素晴らしく美しい金魚でした!

skms020

skms021

skms022

skms023
たなびくヒレが素敵すぎます。

skms024

skms025

skms026
鬼瓦のような顔が、不思議にかわいい。

skms027

skms028

skms029
タグを撮影し忘れました。すみません・・・。

skms030

skms031

skms032
ほ、本気の地金ですね・・・

skms033
名人戦では例年安定した人気を誇る水泡眼。

skms034

skms035

skms036
迫力ある大阪らんちゅうの親魚。

skms0

skms038

skms039

出品された金魚たちは以上です。途中番号が飛んでいるのは、参加されなかった方がいた模様。

午後2時の投票締め切りまで、どの金魚たちもめいっぱい愛想をふりまいて頑張りました。

hyoushou01
そして表彰式

優勝はNo.18の玉サバ。おめでとうございます。

hyoushou02

hyoushou03

hyoushou04


我が家からの刺客はその1(No.13)の大阪らんちゅうが3位に入賞、その3(No.15)の赤出目金も協賛会社からの賞をいただきました。投票してくださったみなさま、ありがとうございました。

そして毎年この楽しいイベントを主催・運営してくださっている、スタッフの皆さんに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

P7162390
そしてまた次の夏に・・・

*入賞魚の詳細は素人金魚名人戦の公式ページで。ただし7/18現在、まだ更新されていません。

2017年7月16日 トキワ松学園。

なお、7月22日の発売に先駆けて、この会場で先行販売させていただいた拙著「ときめく金魚図鑑」は、監修者の岡本先生にも大いに推薦いただき、たくさんの方にお買い上げいただきました。こちらもありがとうございました。

大阪らんちゅう愛好会 第11回品評大会 前編

PA305060

更新がひどく遅れてしまいましたが、2016年10月30日(日)、愛知県豊川市の向坂養魚場にて開催された、大阪らんちゅう愛好会の第11回品評大会の報告です。


昨春、長年会を率いて来られた池山五郎会長が急逝され、一時はどうなることかと思われましたが、年間行事全て滞りなく行われ、品評大会は出品者、見学者も多く盛況でした。

この前編では当歳・二歳の部、それぞれ5位までの魚を紹介します。

まずは
当歳の部

1-1PA3052641
優勝 出品者:尾園 暁

1-2PA305267
準優勝 出品者:高橋 嘉明

1-3PA305270
三位 出品者: 仲 幹雄

1-4PA305275

四位 出品者: 佐嶌 淳

1-5

五位 出品者: 向坂 武義

当歳の部には33尾の出品があり、愛らしさと美しさを兼ね備えた当歳魚たちでたいへん賑わいました。


続いて
二歳の部

2-1PA305192
 
優勝 出品者: 尾園 暁

2-2PA305199

準優勝 出品者: 尾園 暁

2-3PA305204
三位 出品者: 尾園 暁

2-4PA305206

四位 出品者: 松島 悟

2-5PA305210

五位 出品者: 渡邊 和則


二歳の部には25尾の出品がありました。若さと力強さをバランスよく備えた二歳魚たち。年々よい魚が増えているようにもいます。

次回、後編では親魚の上位入賞魚を紹介します。

2016年10月30日、向坂養魚場にて。
 

第45回 素人金魚名人戦から 

P7188779
第45回 素人金魚名人戦 会場のトキワ松学園

海の日の恒例行事となった素人金名人戦。今年はこれまで数年続いた東京海洋大学から、目黒区のトキワ松学園に場を移しての開催となりました。

P7188210
P7188226
盛況

会場は朝から大盛況。出陳された50尾近い金魚に、多くの方が感嘆のため息や驚きの声をあげておられました。そして恒例の人気投票。一人3つづつ渡されたオハジキを、気に入った金魚の洗面器の脇にある、ペットボトルに入れていくしくみ。これで順位が決まるのが、この会の面白い所です。

では早速出品魚・・・と言いたいところですが、バタバタしていて撮り忘れてしまった金魚もあって全部は紹介できないので、今日撮らせていただいた写真の中から、厳選したお気に入りカットを掲載します。名人戦の結果は公式サイトでご確認ください(まだアップされていないようです)。

P7188330
鈴木東錦 出品: にてん さん


P7188378
水泡眼 出品: てんドン さん


P7188384
変わり朱文金 出品: てんパパ さん

P7188419
福だるま  出品: 相模の狐 さん

P7188430
彩錦 出品: るるー さん

P7188463
蝶尾 出品: タカトリ さん


P7188491
ピンポンパール 出品: 愛花 さん

P7188540
蝶尾 出品: 児太郎 さん

P7188576
銀魚 出品: 東京農大一高生物部魚類班 さん

P7188636
水泡眼 出品: うき さん

P7188647
東錦 出品: 金魚マスター さん

P7188712
ブラックオランダ 出品: たつや さん

P7188730
朱文金 出品: もっちゃん さん

いずれ劣らぬ素晴らしい金魚たち。こんな魚たちが一堂に介する機会はそうそうありません。

それでは最後に、我が家からエントリーした金魚たちを。

P7188249
変わり竜

前東京海洋大学学長賞(岡本賞)を頂きました。

P7188269
青文魚

おねだりのできる魚なのですが、今日は洗面器の底に座りこみ、借りてきた猫状態でむろんオハジキ得票も伸びずじまい。ところが帰宅後はうってかわって猛烈なおねだり。そういう子のようです。

P7188274
大阪らんちゅう

大阪らんちゅう普及の一環として、多くの方に実物を見て頂こうとエントリーしています。
こちらも人気はいまひとつでしたが、特別賞のひとつ、キョーリン賞をいただきました。

P7188284
出目金

数年前に弥富の金魚店で、4cmほどの小さな赤出目金を購入したものが、いまや掌に余るサイズとなりました。
こちらも今日は調子が出ず、午前中は座りっぱなし。午後になってようやく元気に泳ぎだしましたが、時すでに遅かったようです。

今日は特別企画として、金魚アートで世界的に活躍されている深堀隆介氏の講演もあり、また久しぶりにお会いする方やはじめてお話させていただく方も多く、たいへん充実した一日でした。

このイベントの主催者、スタッフの皆さま、そして魅力的な金魚を出陳された参加者の皆さまに、心から感謝いたします。

2016年7月18日 海の日に。

大阪らんちゅう愛好会 黒子頒布会の報告

P61959512

去る6月19日(日)、愛知県豊川市の向坂養魚場において、大阪らんちゅう愛好会の2016年度黒子頒布会(分譲会)が開催されました。3月に池山会長が亡くなられて以来はじめてのイベントということで不安もありましたが、ふたを開けてみればここ数年で一番の出品数と参加者で、たいへん盛況でした。


P6195936

また、昨年末にTV番組で流れた大阪らんちゅうの特集を見て来られたという、一般参加(会員以外)の方々も多く、テレビの影響力をあらためて感じた次第です。

Ck9CrUnUoAA44VW

僕はこういった3cm前後の黒仔、青仔を300~400尾ほど出品。

今年の幼魚は尾が大きく尾筒の短い魚が多く、親としても会用としても期待できるものが少なからず入っていると思います。お買い上げくださった皆さんは、小さな欠点で選別を急ぐことなく、じっくり飼って見極めて頂ければ幸いです。

ClO9BbCUYAAeAQu
ClO9BfpUoAAfIYW2

そしてこれらの2歳魚も放出。昨年のアライグマ被害でほとんど壊滅した2歳魚ですが、将来の親用にと屋内で飼養していて難を逃れた魚たちです。この春からは屋外飼育に切り替え、太みが出て色も揚がってきたところです。

品評会用の魚ではないので仔細に見れば欠点もあるのですが、鑑賞用として、また種親としてよい仕事をしてくれることは間違いない魚たちだと思います。

さて、今回の黒仔頒布会では一部で会関係者の「魚の説明」と称した不適切な言動(すでに買い手の決まった魚へのダメ出し、欠点の連呼など)があり、不快な思いをされた方もいらっしゃったかと思います。そういう僕自身、あまりのことに呆然としてしまいましたが、今後そういったことのないよう、身を引き締めていきたいと思います。*個人の見解です。

なお、販売された魚に関しては、いずれも決してレベルの低いものではなく、ましてハネ魚ではありませんのでご安心ください。

次回は8月7日(日)、今回と同じく11時より向坂養魚場にて当歳研究会が開催されます。また魚の分譲も予定しておりますので、大阪らんちゅうに興味をお持ちの方は、ぜひご来場ください。 

第34回 日本観賞魚フェアへ

P4085014


今年も行ってきました、東京都江戸川区のタワーホール船堀で開催されている第34回 日本観賞魚フェア(4月8日~10日)へ。初日の昨日(8日)は平日にも関わらず、多くの方で賑わっていました。

P4085300
P4085275
地金 全体総合優勝(親魚)・農林林水産大臣賞

入場口の正面に展示された今年のNo.1がこちら、地金の親魚。見事な大きさと体型、そして美しい色柄。泳ぎは力強く、グイグイと水を押して泳ぐ様子は圧巻でした。

P4085321P4085322
東錦 全体総合優勝(二歳)・水産庁長官賞

その隣には、2歳の部のトップとなった東錦。左右でずいぶん表情が違います。

P4085329
P4085330
出目金
(親魚) 東京都知事賞

そして東京都知事賞に輝いた立派な黒出目金が展示されていました。

ここからは個人的に気になった、気に入った金魚たちをご紹介。各部門の入賞魚が多いですが、時間がなくて詳細を確認していませんので、ただ並べてみます。

P4084943
三色和金

P4085051
茶金

P4085125
琉金ショートテール

P4085142
東錦
 
P4085148
江戸錦

P4085191
雅錦

P4085182
琉金

P4085203
 花房

P4085211
コメット

P4085231
大阪らんちゅう

P4085255
鉄魚(?)

P4084971
福だるま(?)

P4084975
 アルビノ福だるま(?)

P4085268
地金

P4085107
羽衣らんちゅう & 青らんちゅう 

今年も春から良い魚がたくさん見られて満足です。すでにもう来年の鑑賞魚フェアが楽しみ・・・

2016年4月8日撮影 第34回 日本観賞魚フェア
livedoor プロフィール
最新コメント