金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

飼育

大阪らんちゅう 半年経過

P6200021
大阪らんちゅう 孵化後約6か月の幼魚

ずいぶん長く更新していませんでしたが、大阪らんちゅうの成長経過です。この腹は孵化からおよそ半年。前回の記事(こちら)では褪色(色変わり)がはじまったところでしたが、今ではほぼ終えたものもいます。かと思えば、まだ全身にフナ色を残しているものも。


P6200022
ほぼ色変わり終了した個体

過剰な給餌はしておらず、過密気味の飼育なので、一番大きな個体でやっとこのサイズ。体型は父魚に似て、色模様は母魚から受け継いだようです(親魚はこちら)。赤い鼻ひげに口紅もちょこんとついて愛らしい、お気に入りの魚。

P6200026
大阪らんちゅう 孵化後約3か月の幼魚

これは3月に孵化した魚たち。まだまだ黒仔です。


P6200029

背なりはよいものの、鱗並びがやや乱れ気味。しかし尾筒が太短く、金座が大きいので成長すると見ごたえのある金魚になってくれるかもしれません。

P6200027
痕跡的な背びれのある個体 尻びれ(楫びれ)が生まれつきない。

金魚の遺伝の多様性を体現する1尾。大阪らんちゅうにはないはずの背ビレがあり、尻ビレがありません。それでもベースとなっている体型はあくまで大阪らんちゅうのもの。実際はこうした個体が少なからず出るのですが、大半はハネ魚として初期に処分され、これほど大きくなるまで残されることはまずありません…。

P6200028
フナ尾の個体

こんな魚も生まれます。大阪らんちゅうの体にフナの尾(1枚尾)がついたもの。両親は横方向に広がる平付け尾なのに、どうしても先祖であるフナに戻ろうとする力が働くようです。しかし背びれは完全に欠如していて背なりよく、フナに戻る力とは矛盾しています。これもまた金魚の面白さであり、可能性でしょう。

P6200031
モザイク透明鱗○○ 孵化後約3か月

透明鱗と普通鱗のキャリコ模様をもつ魚たち。実は大阪らんちゅうのオスとキャリコ花房のメスをかけたもの。

P6200032
四つ尾の個体

母魚であるキャリコ花房の遺伝が強く出て、大阪らんちゅうとは少し異なる姿の金魚になりました。こちらも尾筒太くよい魚にはなりそう。成長を見守りたいと思います。

P6200034
フナ尾の個体

これも親魚は三尾同士の交配なのですが、ある程度の割合でフナ尾が出ました。フナ尾は魚本来の姿ですから泳ぎやすくて当然といえば当然ですが、ビュンビュンと泳ぐ様子が実に気持ちよさそうで、一腹採ったら1~2尾は残すようにしています。目指す金魚とは真逆の存在なのですが、これもまた可愛いのです。

2014年6月20日撮影

 

色変わり、はじまる

P3270061
大阪らんちゅう 孵化後約3か月の幼魚(黒仔)

前回のレポートからちょうどひと月ほど空きましたが、大阪らんちゅうの稚魚たちは順調です。みな二回りほど大きくなりました。体色は黒味をまし、どことなく貫録が出てきたように感じます。

P3270072
色変わりをはじめた個体

なかにはこうして、色変わりを始めた個体も。模様魚とも呼ばれる大阪らんちゅう、この魚たちがどんな色模様になるのか、今後はそれを楽しみに飼育、観察を続けます。

2014年3月27日撮影

D棟ビュンビュン系

P3110280
プラ舟D棟 和金系

先日の2回目水換え時に撮影した、屋外飼育の金魚紹介はまだ続きます。今日は和金など、ビュンビュン泳ぐ連中を。

P3110225
フナ尾和金

一昨年、藤沢市の「世界一大きい金魚すくい」ですくってきた、いわゆる小赤。現在では10cmを越える立派な和金になりました。鮮やかな色合いも言うことなし。

P3110230
更紗和金

華やかな更紗和金。こちらも1年ほど飼育しています。

P3110231
茶和金

少し変わった四つ尾の茶和金は、昨年のGWに江戸川区の佐々木養魚場で購入してきたもの。あまり大きくなっていませんが、体型ががっしりとしてきました。

P3110270
柳出目金

チェリーと名付けた桜体色の柳出目金。柳出目金と言えばその佐々木養魚場ですが、チェリーは今は廃業した横浜市内のアクアショップからきました。当初は柳葉のように細く可愛らしい金魚だったのですが、今では自宅の屋内水槽にいられなくなって、屋外に出されたという・・・。

P3110269
コメット

昨年の初夏にやってきた小さなコメットが、いまでは風格さえ感じさせるようになりました。色柄、尾型とも素晴らしく気に入っていたのですが、ここへきて長い尾が重みに負けたのか、垂れ下がってしまってとても残念。写真はそれが分からないような瞬間を撮影しています(笑)

P3110237
玉黄金

ともすれば単調になりがちな水槽に、彩りを添えてくれる黄色い金魚、玉黄金。この金魚も、我が家の仲間入りをしてちょうど1年が経ちました。途中、体のあちこちが黒くなって「子供返りか?」とやきもきしましたが、いまではシミ一つない見事な黄色に。

P3110242
庄内金魚
 
昨夏、アクアマリンふくしまの金魚祭りで買ってきた庄内金魚も、無事に冬を越して元気に泳いでいます。

また1シーズン、どの金魚も健康に育ちますように。

2014年3月11日撮影 

出目系B棟、おまけにC棟

P3110190
プラ舟B棟の面々

昨日の続きです。水換えのために洗面器にあげた金魚たち。このB棟には出目系の金魚を入れています。

P3110193
キャリコ水泡眼

1年半ほど前に、弥富から連れ帰ってきたキャリコ水泡眼。大きくなりました。昨夏「きゃりーすいすい」という名前で、ある金魚イベントに出ました(笑)

P3110195
頂天花房(黒)、頂天眼(赤)

一見どちらも頂天眼ですが、左の黒い個体は花房がついています。真っ黒なので見えませんが(笑)
昨夏、同時に販売されていた別の個体は赤白の更紗だったので、すぐに更紗になるのではと思いきや、まだ黒いです。

素赤の方は、頂点眼としては丸手の個体で、そこが気に入っています。

P3110209
蝶尾

頭だけ白い蝶尾。だんだん大きくなってきて、手に載せるとずっしり。

P3110220
赤出目金

こちらも1年半ほど飼育している赤出目金。シンプルな出目金もまた可愛いのです。

P3110173
プラ舟C棟

おまけのC棟。ほんの少しだけ、土佐錦魚(とさきん)を飼っていたりもします。更紗の2尾は昨年6月に小野金魚園で買った明け3歳(当時2歳)。色変わり前の個体はやはり昨年、丸文横浜店でまだ土佐錦魚らしからぬ稚魚を買い、育ててきたもの。今年はどう育つかな・・・。

2014年3月11日撮影 

A棟水換え

P3110058
プラ舟A棟の住人たち

今日は屋外飼育場、2回目の水換え。2月下旬に替えて以来、気温の乱高下があったので心配していましたが、水も魚たちの状態も良好で安心しました。

水換えついでに撮影した金魚たちをご紹介します。飼育水のまま撮影したので、色カブリやゴミの映り込みはご容赦を。 今日は小さな魚ばかりを集めた、プラ舟A棟の魚たち。

P3110070
琉金(ブロードテール系・モザイク透明鱗)

自家繁殖の明け2歳。昨年秋まで100尾以上いましたが、そのほとんどを販売用にペットショップへ。気に入った数尾だけを残して育てています。

P3110101
琉金(ブロードテール系・モザイク透明鱗)

なかには平付け三尾が反転し、まるで土佐錦魚のように見える個体も。体側のモザイク鱗がきれいです。

P3110088
琉金(ブロードテール系・更紗)

同じ親から生まれた、普通鱗の更紗個体。

P3110107
琉金(ブロードテール系・普通鱗)

なかにはまだ色変わりが終わっていない個体もいます。どうなるのかな?

P3110147
P3110157
和金系フナ尾、三尾

昨年、和金系の数品種を飼育しているフネで、排水口ネットに生みつけられていた、いくつかの卵。そこから数尾の魚が育ちました。親が確定できないので「ワキン系」としていますが、予想以上にかわいい金魚に育ってくれました。

P3110145
会津福娘

このフネでは、少し変わった金魚も飼っています。福島県の地金魚のひとつ、会津福娘。蝶尾をもつ和金体型の金魚。いわき市の小野金魚園から。

P3110148
会津じょっこ

同じく小野金魚園から福島の地金魚、会津じょっこ。

P3110158
ブリストル朱文金

これまた福島からやってきた、ブリストル朱文金。青水のせいで色が出ていませんが、実物はもう少しきれい(笑)

P3110129
大阪らんちゅう♂  x 土佐錦魚♀ 交雑個体

最後はこの魚。昨年実験的にとってみた、大阪らんちゅうと土佐錦魚の交雑個体。どちらの長所もうまく引き継げず、不思議な金魚になってしまいましたが、ヒレ先まで真っ赤な猩々ということもあり、勉強のために残しています。
 
2014年3月11日撮影
livedoor プロフィール
最新コメント