金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

出目花房

出目花房 (花房出目金) #2

PA160395
出目花房 (花房出目金) 

昨年から飼育している出目花房のペア。オランダ体型の出目金で、竜眼と呼ばれる品種に似ていますが、
鼻孔摺(鼻ひげ)がすこし発達したもの。現在は3歳だと思います。

PA160434
出目花房 (花房出目金) 

顔のアップ。花房と呼ぶにはいささか
鼻孔摺が小さいですが、なかなか可愛い顔。肉瘤が発達してきそうな雰囲気もあります。


PA160420
出目花房 (花房出目金)  左:メス 右:オス

白黒赤の三色になっていますが、もともとは「パンダ出目花房」として売られていました。なぜなら・・・

IMG_1998
出目花房 (花房出目金) 上の写真と同じ個体(8か月前) 左:オス 右:メス

半年ほど前までは、このようにパンダ柄だったからです。高水温の影響でしょうか、この夏、一気に褪色が進みました。体の大きさは今とあまり変わっていませんが、比較すると尾が大きく伸びたことがよく分かります。

PA160171
出目花房 (花房出目金) 当歳魚 上写真のペアの仔

そして今年4月には、上のペアが産卵。仔魚がたくさん採れました。稚魚ミックスというエントリーの最後に載せた2枚の写真が出目花房の仔たち。品種としての完成度が高いのか、ハネはほとんど出ず、体型も色柄も安定していました。多くは最近になってペットショップへ里子に出しましたが、この5尾だけ残しています。

PA160247
PA160211
PA160197
出目花房 (花房出目金) 当歳魚 パンダ柄

まだあどけなさを残す当歳魚。
この3尾はまだパンダ柄。可愛い盛りです。尾が大きく、長めのオランダ体型で、親魚によく似ています。ただし鼻ひげの発達はほとんど見られません。もう少し大きくなってからでしょうか。

PA160189
出目花房 (花房出目金) 当歳魚 青文体色

なかには青文魚のような体色をもつ個体も。これもやがては褪色して白くなってくるのでしょうか。

PA160222
出目花房 (花房出目金) 当歳魚 パンダ柄→更紗に

室内飼育で水温が高かったためでしょうか、室外飼育中の親魚よりも褪色が進み、、赤白の更紗模様になった個体もいます。現在パンダの個体も、同じような更紗になるのでしょう。これはこれで可愛いものです。

2013年10月16日撮影

出目花房 #1

IMG_5448
出目花房 (花房出目金) ♀

今日の写真は、パンダ出目花房という名で売られていた、白黒模様の花房出目金。その名の通り、出目金のように突き出た目と、鼻の穴の部分に花房とよばれる、ふさふさの突起物(鼻孔摺)があるのが特徴です。この個体はたいへん人懐こく、人の姿を見ると慌てて寄ってきます。

我が家にきたのはまだ寒い1月でしたが、室内で飼育していたところ、3月に同品種の♂との間に卵を産み、現在も稚魚を飼育中です。まだ親とは似ても似つかない姿の稚魚たちですが、毎日ブラインシュリンプを食べてすくすくと育っています。

この品種は個体によって出目金のように目が出たり、あるいはほとんど出ずに普通の金魚のような目をしていたりと、変異があるようです。稚魚たちがどんな姿に育っていくのか、楽しみで仕方がありません。

2013年4月8日 自宅にて 
livedoor プロフィール
最新コメント