金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

ときめく金魚図鑑

第49回 素人金魚名人戦

P7162438
今年もこの季節がやってきました。第49回 素人金魚名人戦です。会場は昨年に続き東京都目黒区のトキワ松学園。*素人金魚名人戦の公式ページはこちら

IMG_74783
開会は11時ですが、会場はその1時間ほど前から出陳者やスタッフの方々で、すでにソワソワとした空気に包まれていました。

P7162409
そして11時の開会式が終わると、もうこの賑わい。すごい熱気です。

P7162423

P7162427
そして名人戦名物となっている、配布魚のコーナー。

開会前から整理券を配布しているので、大きな混乱こそありませんが、終始黒山のひとだかり。
それもそのはず、著名なブリーダーをふくめ、愛好家が育てた素晴らしい金魚が、無料で配布されるのですから。

さて、素人金魚名人戦では、出品された金魚は1尾づつ洗面器に入れられ、出品者自らが書いたタグがつけられます。そして会場を訪れた一般参加者にはオハジキが3つづつ渡され、お気に入りの金魚がいたら、洗面器の横にあるペットボトルに好きな数だけオハジキを投票するというしくみ。

最後にその数が集計され、もっとも得票の多い金魚が優勝です。訪れる方はほとんどが一般の方なので、愛好家やマニアの集う品評会とはまたちがう、和気あいあいとした雰囲気が持ち味。

それでは出品魚のご紹介。

skms001

skms002

skms003

skms004

skms005
ため息ものの東錦。さすが!

skms006

skms007

skms008
今回、僕がもっとも気になった金魚。繊細でとてもきれい。

skms009

skms010
いいナンキンです。

skms013
我が家からの刺客その1.

skms014
我が家からの刺客その2.

skms015
刺客その3. うちの妻(はちわれ)が飼っているシンプル?な赤出目金ですが、顔つきがよく、とても懐いています。

写真モデルとして稀有な素質をもっているので、7月22日発売の「ときめく金魚図鑑」にも表紙をはじめ、たくさん登場してもらいました。

P7162445
さらっと本人PR

skms016
我が家からの刺客 その4. こちらも「ときめく金魚図鑑」掲載メンバー。

skms017

skms018


skms019
これも素晴らしく美しい金魚でした!

skms020

skms021

skms022

skms023
たなびくヒレが素敵すぎます。

skms024

skms025

skms026
鬼瓦のような顔が、不思議にかわいい。

skms027

skms028

skms029
タグを撮影し忘れました。すみません・・・。

skms030

skms031

skms032
ほ、本気の地金ですね・・・

skms033
名人戦では例年安定した人気を誇る水泡眼。

skms034

skms035

skms036
迫力ある大阪らんちゅうの親魚。

skms0

skms038

skms039

出品された金魚たちは以上です。途中番号が飛んでいるのは、参加されなかった方がいた模様。

午後2時の投票締め切りまで、どの金魚たちもめいっぱい愛想をふりまいて頑張りました。

hyoushou01
そして表彰式

優勝はNo.18の玉サバ。おめでとうございます。

hyoushou02

hyoushou03

hyoushou04


我が家からの刺客はその1(No.13)の大阪らんちゅうが3位に入賞、その3(No.15)の赤出目金も協賛会社からの賞をいただきました。投票してくださったみなさま、ありがとうございました。

そして毎年この楽しいイベントを主催・運営してくださっている、スタッフの皆さんに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

P7162390
そしてまた次の夏に・・・

*入賞魚の詳細は素人金魚名人戦の公式ページで。ただし7/18現在、まだ更新されていません。

2017年7月16日 トキワ松学園。

なお、7月22日の発売に先駆けて、この会場で先行販売させていただいた拙著「ときめく金魚図鑑」は、監修者の岡本先生にも大いに推薦いただき、たくさんの方にお買い上げいただきました。こちらもありがとうございました。

「ときめく金魚図鑑」できました

DElt13nVwAEX3I6
ときめく金魚図鑑(山と渓谷社)

とうとう出来上がりました! 発売予定は7月22日。

ビジュアルで楽しめる本ですので、これから金魚を飼ってみたい方、あるは飼い始めたばかりという初心者の方にも気軽に手に取っていただければと思います。

載っている写真はみなこだわりぬいた「かわいい」「魅力的な」魚たち。
金魚専門店さんや愛好家の方々のご協力により、僕が本当に「ほしい」「飼ってみたい」と思った魚だけを厳選して撮影したものです。そしてそれぞれの金魚の「胸ときめく」瞬間を写しとめ、一冊の図鑑ができました。もちろん金魚そのものについての説明や、飼い方もしっかりおさえています。

監修は金魚博士として名高い、岡本信明先生。各品種のページには、岡本先生の愛情あふれる一言コメントが。それを読むだけでも楽しいです。

詳しくは発売日以降に!

*お知らせ

7月16日(日)、東京都目黒区のトキワ松学園で開催される金魚イベント「素人金魚名人戦」にて、この「ときめく金魚図鑑」を30冊限定で先行販売します。すこしでもはやく手にしたい方はこの機会にぜひ。

待つ

P41800462
丹頂

「ときめく金魚図鑑」より。もうすぐ、もうすぐ・・・

叫び

P6052103
水泡眼

どこのページにいるのかな。7月22日発売予定の「ときめく金魚図鑑」より。

P3056477
キャリコと琉金

「ときめく金魚図鑑」、そろそろ印刷が終わるころ・・・?
livedoor プロフィール
最新コメント