P9200260
P9200254
大阪らんちゅう 当歳の部 最優秀魚(1位)

静岡県金魚品評大会には大阪らんちゅうの部(親、当歳)があり、素晴らしい魚が出品されていました。なかでも目を引いたのが、大阪らんちゅう愛好会の仲さんが出品された当歳魚。尾はやや先がとがり気味ですが十分な幅があり、たくましい体躯と太短い尾筒を持った最優秀に相応しい、美しい魚です。

 P9200414
大阪らんちゅう 親魚の部 最優秀魚

こちらは親の最優秀魚。赤が濃く、模様も美しい魚でした。

P9200612
大阪らんちゅう 親魚の部 優勝(2位)

親の2位となった、やや長手の魚。こちらも仲さんの出品。尾が小さめですが、欠点らしい欠点がありません。2歳魚なので若々しさがあり、今後の成長も楽しみ。鰓蓋の後端に入った細い赤(糸奴)など、品を感じさせる魚です。

P9200625
大阪らんちゅう 親魚の部 出品魚

同じく仲さんの出品された親魚。個人的にはこの魚が一番気に入りました。身体と尾筒のバランスがよく、尾も幅が広くて大きいので、いかにも大阪らんちゅうといった体型。白い身体に真っ赤な目玉が鮮烈な印象を残します。この魚が欲しい(笑)

以下、愛好会の池山会長の持ち魚など、大阪らんちゅうの部に出品された魚たちです。

P9200619

P9200631

P9200633
P9200639
以上は親魚の部 出品魚

実際は他にも出品されていた魚がいたのですが、撮り忘れました・・・

P9200124

P9200116

P9200120
P9200112

以上が当歳の部の出品魚。こちらも撮りこぼしがあるかもしれません。

愛好会の会員以外の方の魚を観る機会は少ないので、大変勉強になりました。この大会が大阪らんちゅうの認知度の向上や普及のきっかけになればと願います。

2015年9月20日撮影