P7260461
大阪らんちゅう愛好会 研究会

去る7月26日(日)、愛知県豊川市の向坂養魚場で大阪らんちゅう愛好会の(当歳)研究会 が開催されました。参加者は少なめでしたが、それでも各々当歳魚を持ち寄り、池山会長によるチェックやアドバイスのほか、会員相互の意見交換など充実した会合となりました。

P7260441
池山会長の当歳魚

P7260375
向坂氏の当歳魚

P7260455
P7260449
板谷氏の当歳魚

P7260421
P7260422
高橋氏の当歳魚

P7260430
尾園 当歳魚

これらの出品魚から、池山会長が選んだものがこちら↓

P7260477
向坂氏 当歳魚

池山会長が最初に選んだ1尾。いわゆる「道具」の揃った非常に美しい色柄の魚で、クセや欠点の少ない体型も兼ね備えています。秋にかけての成長も楽しみです。

P7260490
尾園 当歳魚

尾筒が太短く、尾幅が広い点が評価されました。ただし背や腰に若干傷があります。

P7260522
P7260525
板谷氏 当歳魚

全体のバランスがよいということ。尾も張りすぎず、崩れにくそうです。上の個体は色柄もよいですね。

P7260413

P7260499

P7260463

P7260501

池山会長による評価と飼い方の指導など。ふだん何となく疑問に思っていたことなども、ズバリ答えてくださいます。これはもう、参加者ならではの特権。

以下は参考展示された親魚と二歳魚です。

P7260326
池山会長・親魚
P7260357
池山会長・親魚
P7260337

池山会長・親魚
P7260368
池山会長・親魚
P7260399
板谷氏・2歳魚
P7260388
板谷氏・2歳魚
P7260404
高橋氏・2歳魚
P7260419
高橋氏・2歳魚

今回も多くの素晴らしい魚を目の当たりにでき、秋の品評会に向けての課題も見つかりました。夏の色変わりからがまた正念場。気合を入れて飼育に臨みたいと思います。

大阪らんちゅう愛好会、次の行事は11月15日(日)の品評大会です。今年は記念すべき10回目の大会となります。詳細は大阪らんちゅう愛好会のホームページをご覧ください → こちら

2015年7月26日撮影