P3110190
プラ舟B棟の面々

昨日の続きです。水換えのために洗面器にあげた金魚たち。このB棟には出目系の金魚を入れています。

P3110193
キャリコ水泡眼

1年半ほど前に、弥富から連れ帰ってきたキャリコ水泡眼。大きくなりました。昨夏「きゃりーすいすい」という名前で、ある金魚イベントに出ました(笑)

P3110195
頂天花房(黒)、頂天眼(赤)

一見どちらも頂天眼ですが、左の黒い個体は花房がついています。真っ黒なので見えませんが(笑)
昨夏、同時に販売されていた別の個体は赤白の更紗だったので、すぐに更紗になるのではと思いきや、まだ黒いです。

素赤の方は、頂点眼としては丸手の個体で、そこが気に入っています。

P3110209
蝶尾

頭だけ白い蝶尾。だんだん大きくなってきて、手に載せるとずっしり。

P3110220
赤出目金

こちらも1年半ほど飼育している赤出目金。シンプルな出目金もまた可愛いのです。

P3110173
プラ舟C棟

おまけのC棟。ほんの少しだけ、土佐錦魚(とさきん)を飼っていたりもします。更紗の2尾は昨年6月に小野金魚園で買った明け3歳(当時2歳)。色変わり前の個体はやはり昨年、丸文横浜店でまだ土佐錦魚らしからぬ稚魚を買い、育ててきたもの。今年はどう育つかな・・・。

2014年3月11日撮影