PA160261
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

5月のこと。小さな金魚鉢で飼育していた穂竜、そして竜眼浜錦が立て続けに卵をこぼしました。捨てるのはもったいないから何とか仔をとりたい・・・しかし我が家にはそれらのオスがいません。何かいなかったっけ・・・と考えて、別の水槽にいて、追星も出ていたキャリコの高頭パールに参戦願いました。同じパール鱗の品種だからという単純な理由です。

メスが小さな個体だったこともあり、もうあまり卵が残っていませんでしたが、それでも数十卵は採れ、20尾弱が無事に育ちました。最近になって10尾ほど里子に出し、現在残っているのはこの6尾を含む7~8尾。

PA160294
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

いちばん大きく育っている、モザイク透明鱗の更紗。もちろんパール鱗ですがあまり目立ちません。

PA160335
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

フナ色のパール鱗個体もいます。褪色するのか、穂竜のようにこのままなのか。

PA160342
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

モザイク透明鱗の更紗、かつフナ尾の個体。ちょうちんパールと呼ばれるタイプですね。

PA160288
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

これもモザイク透明鱗の更紗ですが、赤がちの個体。これは横見の方がきれいでしょう。

PA160302
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

フナ色のちょうちんパール。尾が妙に長くて優雅。左のエラ蓋が欠けていますが、これは生まれつき。この兄弟魚にはこのようなエラ欠けがよく出ました。

PA160313
パールスケール ( キャリコ高頭パール♂ x 穂竜♀ or 竜眼浜錦♀ )

普通鱗の素赤。これで肉瘤が発達すれば、浜錦のようになりそうです。

いずれも母魚は出目の品種なのですが、これらの子どもたちは出目になりませんでした。それは出目が劣性の遺伝形質だからです。したがって、これらの仔魚同士を交配すると、そのまた仔魚には、出目の個体が一定の割合で出てくるでしょう。それもまた可愛いだろうなあと、早くもそんな妄想を膨らませているのです・・・。


2013年10月16日撮影