img045
夏のフォトレシピ

昆虫ブログ「湘南むし日記」でも紹介しましたが、アストロアーツより、新刊「夏のフォトレシピ」が発売されました。
なぜこちらで取り上げたかと言うと・・・金魚の撮り方が載っているから!

本書の主な内容は、タイトル通り夏に撮りたい被写体とその撮影方法です。
特集「夏写真の達人」では、夏景色、北海道、花、小さな生き物、水中、空、星空、夜景、花火、不思議写真と多岐にわたり、それぞれの被写体や、その撮影法について、それぞれを得意とする写真家が、作例を挙げて解説しています。そのほか、機材関係の紹介や、撮影地、夏のイベントガイドなどを詳しく掲載。

また、巻末には昆虫・自然写真家の海野和男さんと日本自然科学写真協会(SSP)のみなさんによる、見ごたえあるギャラリーがあります。

ちなみにぼくは、特集の中で“小さな生きものを撮る”を担当。ここで金魚の撮り方(!)や、昆虫写真の撮り方を、6ページにわたって紹介、解説しています。我が家からは飯田琉金と穂竜&竜眼浜錦、そして大阪らんちゅうが全国デビュー(笑)しました。

「夏のフォトレシピ」、金魚好きな方も写真好きな方もぜひ手に入れて、この夏の撮影を楽しんでいただけたらと思います。

2013年6月18日 

本書についてはアストロアーツのHPで詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください。
誌名/夏のフォトレシピ(月刊星ナビ8月号増刊)
判型、ページ/A4変型判、カラー112ページ
発行日/2013年6月19日
編集、発行/株式会社アストロアーツ
発売/株式会社角川グループホールディングス
価格/1,800円(本体1,714円)