P6125640
琉金(ブロードテール♀ x 飯田更紗♂)

この春に採卵したいくつかの金魚、おおむね順調に育っています。そのうち、数が少ないものを2つの水槽にまとめて飼っていますが、今日はそれらを撮影してみました。

まずは3月下旬生まれの琉金。過密気味で飼育してきたので成長が遅く、まだ体長3cmほどですが、体高が出て、ずいぶん琉金らしさが出てきました。色変わりはもう少し先でしょうか。この個体の尾は短め。

P6125576
P6125564
琉金(ブロードテール♀ x キャリコ♂) 

同じく琉金で、メス親は同じブロードテールなのですが、オス親にキャリコを選んだものです。透明鱗なので、すでにこういった色合い。この先の変化も楽しみです。上の個体は尾が短めですが、下右の個体は長く優雅な尾をもっています。メス親に似たのかな。

P6125579
穂竜♀ x キャリコ高頭パール♂

体型も色合いも、今後の成長が楽しみな稚魚のひとつ。穂竜とキャリコの高頭パールをかけたもの。まるでピンポンパールのような丸々とした体型になってきました。鱗並びにも、パール鱗特有の感じがはっきり出てきています。

P6125624
P6125561
花房出目金 (パンダ出目花房)

独特な青みがかった色合いが美しい、3月下旬生まれのパンダ出目花房。当初はかなりの数がいたのですが、生後1~2か月のころに原因不明の奇病が流行り、連日バタバタと死んで残りわずか10尾ほど。しかし残った個体はいずれも元気で、ほっとしています。ここまでくれば大丈夫・・・かな。

よく見るとすでに花房が成長し始めており、これも楽しみになってきました。いつか親子で同じ水槽を泳がせてみたいなあ・・・。

2013年6月12日撮影