金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

引き立てあう

P3056481
琉金(右)・キャリコ(左)

2013年生まれの自家産琉金(赤い方)。当時飼っていた飯田産の更紗琉金と中国産ブロードテール琉金の間に生まれた個体。ブロードテールほどではないのですが、尾が広く展開し前方は反転して土佐錦魚のようになっています。同様の形質を持つ個体が普通鱗、透明鱗それぞれいくつか得られたので累代も考えましたが、他が忙しくて手が回らず・・・。

一方、このキャリコは近所のペット専門店で購入した弥富産。2012年から飼っている、我が家では最古参の金魚ですが、まだまだ元気です。



琉金キャリコ ムービー

P3056513

琉金(下)・キャリコ(上)

一緒に泳がせるとその色の違いが際立ち、互いに引き立てあって一際華やか。

P3056521
琉金

P3056526
 キャリコ

記録用に。

2016年3月6日撮影 

いい仕事

P30563922
もみじ出目金

昨年、丸文横浜店(最近店名がカハラに変わったようです)から連れ帰ってきたもみじ出目金。こちらも冬期は屋外に出していましたが、元気に春を迎えてくれました。背部に入った網透明鱗がきらめきます。

 
もみじ出目金 ムービー

P30563851

もみじ出目金

体の更紗模様や緋がほどよく散らされた尾もお気に入り。冬眠明けで痩せていますが、今後は写真のモデルとしても、いい仕事をしてくれそうです。

2016年3月6日撮影

ルーツ

P3056357
三色出目金

昨夏、弥富から連れ帰ってきた三色(キャリコ)出目金。

彼らも無事に屋外で冬を越しました。

 
三色出目金 ムービー

P3056379
伏し目がちな個体

P3056371

こちらは腹が赤く華やか

三色出目金はキャリコ琉金や東錦など、モザイク透明鱗をもつ金魚のルーツとなった由緒正しい金魚なのですが、それほど流通が多くないのか良魚にはなかなか巡り会えません。

この2個体は明二歳のまだ小さな魚ですが、成長に伴ってどんな姿を見せてくれることでしょうか。

2016年3月6日撮影

豹変パール

P3056191
高頭パール

2012年から飼育している高頭パール。もともとは浅葱色の入ったキャリコ柄だったのですが、飼育2年目だったでしょうか、ある日突然色が抜け、ご覧のような色柄に豹変して驚かせてくれました。


高頭パール ムービー

P3056204
高頭パール

盛り上がった頭と困ったような黒目が何とも言えずいい表情。また1年、元気に過ごしてほしいものです。

2016年3月6日撮影

竜の目覚め

P3056315
穂竜・変わり竜

こちらも無事に冬を越した穂竜・変わり竜の親魚たち。

床直しから一週間経ち、若干の充血は見られますが特に問題なさそうです。

P3056342
穂竜・変わり竜

P3056347
変わり竜


穂竜・変わり竜 ムービー

昨年は産卵数こそ少なかったものの、まずまずの良い仔を残してくれた親魚たち。

今年も期待しています。

2016年3月6日 撮影
livedoor プロフィール
最新コメント