金魚のめがね

昆虫写真家、金魚と暮らす日々。

第34回 日本観賞魚フェアへ

P4085014


今年も行ってきました、東京都江戸川区のタワーホール船堀で開催されている第34回 日本観賞魚フェア(4月8日~10日)へ。初日の昨日(8日)は平日にも関わらず、多くの方で賑わっていました。

P4085300
P4085275
地金 全体総合優勝(親魚)・農林林水産大臣賞

入場口の正面に展示された今年のNo.1がこちら、地金の親魚。見事な大きさと体型、そして美しい色柄。泳ぎは力強く、グイグイと水を押して泳ぐ様子は圧巻でした。

P4085321P4085322
東錦 全体総合優勝(二歳)・水産庁長官賞

その隣には、2歳の部のトップとなった東錦。左右でずいぶん表情が違います。

P4085329
P4085330
出目金
(親魚) 東京都知事賞

そして東京都知事賞に輝いた立派な黒出目金が展示されていました。

ここからは個人的に気になった、気に入った金魚たちをご紹介。各部門の入賞魚が多いですが、時間がなくて詳細を確認していませんので、ただ並べてみます。

P4084943
三色和金

P4085051
茶金

P4085125
琉金ショートテール

P4085142
東錦
 
P4085148
江戸錦

P4085191
雅錦

P4085182
琉金

P4085203
 花房

P4085211
コメット

P4085231
大阪らんちゅう

P4085255
鉄魚(?)

P4084971
福だるま(?)

P4084975
 アルビノ福だるま(?)

P4085268
地金

P4085107
羽衣らんちゅう & 青らんちゅう 

今年も春から良い魚がたくさん見られて満足です。すでにもう来年の鑑賞魚フェアが楽しみ・・・

2016年4月8日撮影 第34回 日本観賞魚フェア

弥富春祭り 後編

P1020393

弥富春祭りには、金魚をモチーフにした弥富市のゆるキャラ、きんちゃんが登場。子供にも大人にも大人気でした。

P1020382

金魚すくいのコーナーもあって大盛況。金魚の一大産地だけあって、質のよい元気な金魚がたくさん泳いでいました。

ではひきつづき、品評会に出品されていた金魚たちを。

P1020371
 オランダ

美しい鹿の子柄のオランダ。

P1020376
黒らんちゅう

P1020443
 水泡眼

P1020458
 頂天眼

P1020455
 丹頂

P1020407
青文魚

P1020398
 桜出目金

P1020404
黒蝶尾

P1020372
鮒色の花房

P1020344
らんちゅう & 黒らんちゅう

ここからは、「オークション」という札の入っていた金魚たち。翌日の競売コーナーに出品される予定のようです。いいなあ・・・

 P1020340
変わり出目金

P1020320
琉金

P1020324
更紗和金

P1020335
水泡眼

いずれもスタート価格は驚くような安さでした・・・

さて、金魚も撮ったし帰ろうかという時、出入口付近にカメラを持った人だかりが。

P1020475
2016年ミス弥富金魚(左)とミス弥富(右)

このお二人の撮影会?がはじまったのでした。ぼくもなんとなくその中に紛れ込んで撮影(笑)。

そして春の弥富に別れを告げたのでした・・・。

2016年4月2日撮影
 

弥富春祭り 前編

P1020279

仕事で関西方面へ出かけた帰り、ふらっと弥富に立ち寄ると、満開の桜の中、「弥富春祭り」が開催されていました。この日は2日間開催されるお祭りの初日と言うこともあって、会場の文化広場はたいへん賑わっていました。

P1020281

そして行事の目玉の一つとして金魚品評会が。それほど大きな規模のものではありませんが、金魚の入った洗面器がずらりと並び、多くの方の注目を集めていました。

P1020287

品種ごとに並べられた金魚たち。洗面器に浮かぶ札には、種類と値段(!)が書かれています。翌日には即売会も開かれるとのこと。いずれも破格のお値段でしたがタイミングが合わず、ちょっと残念でした・・・

それでは出品されていた金魚の中から、個人的に好みの魚たちを2回に分けて紹介。

P1020289
らんちゅう

P1020300
パンダ蝶尾

P1020395

花房

P1020316

アルビノオランダ

P1020318
 変わり江戸錦

P1020351
琉金

P1020374
桜琉金

P1020403
茶金

P1020433
オランダ

P1020397
もみじ和金

P1020411
コメット

P1020418
朱文金

続きは次回、後編で・・・

2016年4月2日撮影

池山会長のこと

P4100144
池山 五郎 会長 2015年の観賞魚フェアにて。

去る3月17日、大阪らんちゅう愛好会の池山五郎会長がお亡くなりになりました。享年78歳。

大阪らんちゅうの復元と普及に半生を賭けられた、僕が心より尊敬する先生でした。

その連絡はあまりにも突然の事で、しばらくぽかんと放心状態。つい数か月前には会員の方からお元気な様子を聞いていたので、まさかこんなことになるとは思いもしませんでした。

CIMG2456
2013年、品評会で挨拶される池山会長

ここに簡単ではありますが、池山会長が大阪らんちゅうの復元と普及に果たされた功績を簡単に記しておきます。僕が会長から直接聞いたお話をベースに、各種資料の記録を元に補完。

・戦後まもなく絶滅したとされる金魚、「大阪らんちゅう」を知り、その生き残りを探して各地を探訪。膨大な時間と費用をかけ、1970年代半ば、ついに大阪府富田林市の旧家の池に、半ば野生化して泳いでいる2尾を発見。パンツ一枚になって池に入り掬い上げ、それを譲り受ける。ただしいずれもオスだったために繁殖させることはできなかった。

・その後、奈良・大和郡山で大阪らんちゅうを他品種(ナンキン、土佐錦魚、らんちゅう、中国花房)から復元しようとされていた西川氏(西川金魚農場)より、復元過程の魚を譲り受ける。これを先のオス2尾と掛け合わせ、池山会長の大阪らんちゅう復元がはじまる。

・文献や口伝を元に研究を重ねつつ交配を繰り返し、完全復元に向けて30年以上にわたり品種改良を続ける。

・2006年、より多くの方の力と知恵を結集すべく「大阪らんちゅう愛好会」を結成。以後、本年まで会長を務め、大阪らんちゅうの復元と普及、後進の指導に尽力する。

 このように、本来は人知れず絶滅していたであろう「大阪らんちゅう」という金魚を、現代を生きる僕たちに見せてくれたのは、池山会長の情熱なのです。

P6150082
池山会長、2014年初夏の黒子頒布会にて。

 もっとも僕自身は金魚を飼い始めたのが2012年ですからつい最近のこと。しかし何のご縁か、最初に飼ったのが向坂養魚場で生産された(池山会長系の)大阪らんちゅうだったことから、いつの間にかこの品種にすっかり魅了されてしまい、翌年秋の愛好会入会につながりました。

PB150002
池山会長作出の親魚。

会長は「会員には何でも教える!」と言うのが口癖で、僕のような初心者にも分け隔てなく接し、絶対に他では聞けないような飼育や品種改良の「コツ」や「秘密」を何度も何度も、理解できるまでやさしく話してくださったものです。

P72605012
熱く指導される池山会長。2015年夏、研究会にて。
 
 会長がその豊かな見識を元に、金魚飼育のアドバイスを身近な出来事や最新の時事ネタなどに例えてユーモアたっぷりに話されるのがとても面白く、会長がお話されるときには常に近くにいて一言も聞き漏らすまいとメモ帳を持って聞いたものでした。その「池山語録」は僕の宝物であり、金魚飼育の道標です。

PB150540
2015年品評大会表彰式にて。池山会長と僕。

 そのおかげでしょうか、いつの間にか僕も品評大会で入賞できるような魚を育てることができるようになっていました。もっとも会長には「肉瘤が出とるな」「餌のやりすぎだ!」と注意されてばかりでしたが。

P1010218
我が家のカタヒゲちゃん(2014年当時撮影したもの)

 中でも忘れられないのは、一昨年の大会に僕が出品した二歳魚、これの鼻髭が片方赤で片方白だったのを見た審査中の会長が「カタヒゲじゃん!」と大きな声で一蹴した場面。自分の魚への批評なのに思わず笑ってしまったのを、昨日のことのように思い出します。その後、我が家でその魚は「カタヒゲちゃん」と呼ぶようになり、今日も元気に泳いでいます。いわば会長が名付け親。

P615003422
会長が作出され、おそらく一番気に入っておられた「楊貴妃」という斑名の親魚。

 そんな楽しい思い出をたくさん残してくださった池山会長ですが、実際にはわずか2年半ほどのお付き合いでした。まだまだたくさんお話が聞きたかったのに、残念でなりません。

けれど、ほんの短い間でも同じ時代に生き同じ場所で同じ時間を過ごせたこと、直接ご指導を頂けたことはこの上なく光栄です。頂いたアドバイスの一つ一つを胸に、会長が遺された素晴らしい金魚を次代へとつないでいきます。

 どうか雲の上でも大好きな煙草をふかしながら、美しい金魚たちを眺めていてください。そして悲願であった大阪らんちゅうの完全復元への道のりを、愛好会の行く末を、いつもの笑顔で、そしてほんの少し心配しながら見守っていてください。

 池山会長、ほんとうにありがとうございました。 ご冥福を心よりお祈りいたします。

赤出目金、ふたたび

P3056425
赤出目金

これまで見ていただいたように我が家には出目の金魚が多いのですが、 その親玉的存在がこの赤出目金。2013年1月に弥富から金魚すくいサイズの当歳魚を連れてきたもの。ちなみに飼育開始から8か月後、2年半前の姿がこちら→ 赤出目金#1 

P3056450

赤出目金

当時と比べるとヒレ、特に尾が長くのび、いっそう優雅な姿に。そして両目の間、頭部にはふっくらと肉瘤が。

 
赤出目金 ムービー

長い尾がたなびいて。普通の出目金もこうなると見ごたえがあります。

P3056455
赤出目金

まだ少しずつ大きくなっているような・・・

2016年3月6日撮影

livedoor プロフィール
最新コメント